FC2ブログ

むかし話で覚える英文・花咲じいさん - 貧乏おじさんのアフリエイト、アクセスアップ奮闘記

むかし話で覚える英文・花咲じいさん

花咲かせじいさん おりじなる物語&英文

むかしむかし、あるところに、心の優しい、おじいさんとおばあさんが住んでいました。
Long ago, where there compassionate, a grandmother and grandfather lived.
ある日、おじいさんが、畑仕事をしていると、犬が走ってきました。
One day, grandfather, and that the farm work, the dog came running.
後から、たくさんの子供たちが、ぼうを持って追いかけてきます。
Later, children are a lot of chasing they have a wood.
犬が、おじいさんの後ろにかくれていると、子供たちは、
A dog have hidden behind the old man. the kids,
「おじいさんその犬を出してよ。」
"old man, you do get out that dog."
「どうしたんだい、いったい何があったのかな。」
"What happened, and what exactly happened."
一人の子供が「その犬が、僕の家のご飯を食べてしまったんだよ。」
One child says "that dog, he ate a meal in my house."
「どうしたもんかなあぁ、私が連れてかえるから許してあげてくれない会。」
"I do, bring back with me, forgive a dog. "
「だめだよ。」
"no."
おじいさんは考えた「よしわかった、それじゃあ、わたしのこの野菜と交換というのはどうかな。」
The old man thought, "revealed OK, Well then, try to replace it and this vegetable by me.

子供は「それならいいよ、お母さんにあげることができるから。」
Children, "Ok, I'll give to mother."
そうして、おじいさんは子供に、野菜をいっぱい入れたかごをわたしました。
Then, grandfather, passing into the basket full of vegetables to a child.
そして、犬に「もう悪さをしたらだめだぞ。」と言って連れて帰りました。
Then, the dog "Not doing to bad." and said bring back with me.
おじいさんは「ぽち」と名づけ大事に育てました。
The honest old man and his wife loved him. He named the dog "Pochi".
ある日、いつものようにぽちを連れて畑仕事をしているときでした。
One day, he to as usual, farm working with Pochi.
ぽちは、近くにある林の木の下で突然吠えだしました。
Pochi, suddenly began to bark in nearby forests under the tree.
前足を使って土をかき、おじいさんに「ここほれ。」と言うようにしぐさをしています。
Scraped the dirt with a paw, the old man "dig here." Gesture has to say.
おじいさんは犬に「何だい、ここをほれというのかい。」と言うと。
The old man "What. Dog say dig here, by me." said to a dog.
いっそう大きな声で「ワン、ワン!ワン、ワン。」と吠えます。
More loudly, "bow-wow! bow-wow." cried the dog.
「わかったわかった、よしよし掘ってみよう。」とその場所を掘ってみると。
"Yeah-yeah-yeah, let's dig good good." He dug in a place.
おじいさんはびっくり「こりゃたまげた、金貨が出てきた。」
"Oh my God! I found a lot of gold coins."
「ありがとうよぽち、おまえは本当にあたまのいい犬なんだな。」
Thank you,Pochi. What a wonderful dog you are!"
金貨をもって家に帰ったおじいさんは、おばあさんに話をしました。
Grandpa went home have a gold, He talking to grandmother.
二人の話を聞いていた隣のおじいさんは、ぽちをこっそり林につれて行きました。
Neighboring grandfather had heard the story to grandfather and grandmother, immediately with Pochi brought to the forest secretly.
そしてぽちに、「いったいどこを掘ればいいんだ、さあ吠えてみろ。」と、むりやりぽちに吠えさせました。
And Pochi "Where do I dig. Let to barking." And anyway, please Pochi barking immediately.
するとぽちは「ヮン、ヮン。」と小さく吠えました。
"Dig,here." said he in a loud voice.
「よしここだな。金貨を見つけて金持ちになるぞ。」と掘り出しました。
"Ok"Ok,I dig here,and I'll find gold coins and be a rich man." the man begin to dig.
しばらく掘りますと「おう箱が出てきた。」と喜び飛び上がった隣のおじいさん。
Dig for a while "came out the box." joy and jumped up Neighboring grandfather.

箱のふたを開けて「何じゃこれは。」
Open the lid of the box "What this is."
中に入っていたのは、ごみと、ムカデ、虫たちでゴソゴソと箱の外に出てきました
Garbage, centipedes,a lot of insect "Gosogoso" has been out of the box .
おこった隣のおじいさんは「殺してやる。」
Happened neighboring grandfather "Will kill Pochi!"
ポチは殺されてしまいました。
Pochi was killed by the man.
おじいさんはポチがかわいそうで庭に墓を作ってやりました。
The honest old man felt very sad for Pochi and made a grave for him in the garden.
すると不思議なことが起こりました。
Soon a strange thing happened.
大きな木が墓から生えてきて、どこからともなく声が聞こえてきました。
A great tree grew up from the grave and a strange voice was heard from somewhere.
「この木で臼をつくりなさい。」
"Make a mortar of this tree." said the voice.
そこでおじいさんは、木を切り、モルタルを作りました。
So he cut down the tree and made a mortar.
おじいさんはおばあさんといっしょに、さっそく餅をついてみました。
Grandfather was together grandmother, immediately about making the rice cake.
すると不思議なことが起こりました。
Then a strange thing happened.
おじいさんがきねを振り「ぺったん、ぺったん」とつくたびにうすから小判が飛び出してくるのです。
Grandfather is swing a punch,"Pettan, Pettan" And from the mortar comes out a gold coin.
二人はかおを見合わせて「ふじぎじゃのう、ふしぎじゃのう?」と言い、ながら餅をつきました。
The two looked at each other's face. "that wonder, that wonder?" said, and making rice cake.
それを見ていた隣のおじいさんは「何と言うことじゃ、よし、あの臼を頂こう。」
Neighboring grandfather seeing it, "What. OK, I do take the mortar."
隣のおじいさんは、こっそり臼を盗み出し、もちをついてみました。
Neighboring grandfather had tried to steal took the mortar, and making rice cake.
すると餅の中から出てきたのはごみばかり、餅さえも食べられなくなってしまったのです。
Came out of the rice cake and garbage, I became unable to eat the rice cake.
おじいさんは、怒って臼を燃してしまいました。
He in anger burnt it.
おじいさんは、それを聞いてその灰を家に持ち帰りました。
Grandfather were heared it, and came home with take out the ash.
家に帰ってぽにに帰してあげようと、墓の木に向かって投げました。
I'll returned to the Pochi and returning back to to home, the ash are throwing towards the tomb.
すると、寒い時期ではっぱもなかった桜の木に、花が咲き満開になったのでした。
Then, in the colder months not leaf on the tree was in full bloom of flowers in a cherry tree .
おじいさんの家の木を見た村人は「ふしぎだなぁ。」と言ってうわさをしたので。
Villagers who saw the grandfather trees, "that wonder." say, peoples that the rumors.
おじいさんのことが村中で評判になりました。
Grandfather is reputation in the village.
ある日、この話を聞いた殿さまは、おじいさんをお屋敷に呼びました。
One day he was invited to the house of lord's.
おじいさんが、木の枝に立ち灰をまくと、桜の木がいっせいに満開になりました。
When he threw it around standing the branches of cherry trees,they suddenly started to blossom.
これには殿さまも大満足で「みごとじゃ、みごとじゃ。」と言ってほめたたえました。
It is also great satisfaction to the lord "Well wonderful,well wonderful." Praised say.
おじいさんは沢山の褒美をもらって帰りました。
The old man went back it got a lot of reward.
これを聞いて、隣りのおじいさんは、残っていた灰を袋に入れて、殿さまのとろへ行きました。
Listen to this neighboring grandfather. And in the remaining ash put the bag. I going to the house to lord.
隣のおじいさんは「私こそが、桜の木を咲かせる名人です。」
Neighboring grandfather "I'm true, I'm master blooming cherry trees."say to lord.
「これから咲かせて見せましょう。」と灰をまきました。
"Now, show you bloom." And threw the ashes.
しかし、何も起こりません。
But nothing happened.
それどころか、悪いことに殿さまの目に灰が入ってしまったのです。
In fact, I had the ashes into the eyes of the lord to make matters worse.
殿さまは大変怒って牢屋に入れてしまいました。
The lord got very angry and put him into prison.
一方、心の優しいおじいさんは、ぽちがくれた金貨と、殿さまからのごほうびで、たいへん裕福になりました。
Meanwhile, the old man's gentle heart, gave gold from Pochi and in reward from the lord, became very wealthy.
そして、おばあさんと一緒に仲良くしあわせに暮らしましたとさ。
And the happily and get along with the grandmother.
ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://koulaira.blog.fc2.com/tb.php/2-9e95839b